PCゲームにキャプチャーボードは不要!PCゲーム実況のやり方を説明

「PCゲームの実況動画を作りたいけど、キャプチャーボードはいるの?」
「どうすればPCゲームの実況動画を作れるの?」
「初心者なのでうまく作れるか不安……」

PCでやるゲーム(フリーゲームやオンラインゲーム、ブラウザゲームなど)の実況をする人は多いですよね。買わなくても無料でできたり、手軽にプレイできるので人気が高いです!

さて、一般的にゲームの実況動画を作るときには「キャプチャーボード」という機器を使うと言われていますが、PCゲームの実況では必要なのでしょうか?

結論から言うと、PCゲームではキャプチャーボードは必要ありません。

このページでは、キャプチャーボードが必要ない理由と、PCゲーム実況の作り方について説明しています。







キャプチャーボードはゲームとパソコンをつなぐために使う機器


参考:キャプチャーボードの画像

そもそもキャプチャーボードは「ゲームとパソコンをつなぐ」ときに使う機器です。

プレイステーションやXbox、Wiiなど据え置きのゲーム実況をするときは、ゲームとパソコンをつなぐ工程が必要です。

しかし、元々パソコン上でプレイできるPCゲームでは、ゲームとパソコンをつなぐ必要はないんですね。

すべてパソコン上で作成が完了してしまいます。

PCゲーム実況はパソコンとマイクだけで作成できる

PCゲームの実況動画に必要なのは、パソコンとマイクだけです。その他の機器は必要ありません(ゆっくり実況の場合はマイクも必要ありません)。

下記は、私が実際に作ったPCゲームの実況動画です。買ったのはマイクだけで、他にはなにも購入していません。

実況動画作りに使ったもの

・マイク:650~3,500円ほど

実況動画を撮るまでの簡単な流れ

さて、ではPCゲーム実況はどうすればできるのでしょうか。ここでは、作り方のおおまかな流れを紹介します。

1.ゲームの録画ソフトを準備する

ゲーム画面を録画することのできる「ロイロゲームレコーダー」というソフトを用意します。無料でダウンロードできます。パソコンできるゲームならばどんなゲームでも録画できます。

「ゲームの録画ソフトを準備する」ページを開く

2.ゆっくりの声を入れる ※ゆっくり実況を作りたい人だけ

撮った動画にゆっくりの声を入れます。「ゆっくりMovieMaker」というソフトを使います。字幕やイラストをいれることもできます。無料でダウンロードできます。

通常の実況動画や、声を入れないプレイ動画を作りたい人はとばしてください。※ゆっくり実況とは

「ゆっくりの声を入れる」ページを開く

3.ニコニコ動画やYouTubeにアップロードする

完成した実況動画を動画サイトにアップロードします。しかしその前に「エンコード」という作業をしないと動画を投稿することができません。

ニコニコ動画とYouTubeではアップロードの方法が違うので、自分のやりたい方のページを見てください。

「ニコニコ動画にアップロードする」ページを開く
「YouTubeにアップロードする」ページを開く

次のページから、細かい手順を説明しています。実況動画を作りたいからはぜひご覧ください。







SNSでもご購読できます。

コメントを残す