PSP-3000、PSP go対応のキャプチャーボードおすすめランキング

ゲームの実況動画を撮るには、キャプチャーボードという機器を使い、ゲームの画面をパソコンに映す必要があります。

このページでは、「PSP-3000」と「PSP go」に対応しているキャプチャーボードだけをピックアップし、おすすめ順にランキングにして紹介しています。

ぜひ、買うときの参考にしてみてください。

また、接続の際は専用のケーブルが必要になります。キャプチャーボードによって使うケーブルが違うので、対応しているケーブルを購入してください。

※「PSP-2000」は、対応しているキャプチャーボードが違うのでご注意ください。「PSP-2000」のキャプチャーボードは、こちらのランキングを参考にしてください。
PSP-2000対応のキャプチャーボードおすすめランキング

1位GV-USB2 安くて接続が簡単!初心者向け

◯キャプチャーボードの中では価格がとても安い
◯接続・設定が簡単で初心者でも安心
◯画質も実況動画を作るうえでは合格点

初心者でも安心して使用できる定番の商品です。価格も手頃で、キャプチャーボードの中ではおそらく最安でしょう。接続や設定が非常に簡単で、誰でも使いこなせます。

画質や音質も、実況動画を作るうえでは十分です。どれを買おうか迷ったら、これを買ってみてください。

対応ゲーム機:PSP-3000、PSP go、PS3、PS2、PS、Xbox 360、Wii U、Wii、ゲームキューブ、ニンテンドー64、スーパーファミコン、ドリームキャスト、セガサターン

価格 メーカー 入力端子
約 2,800円 アイ・オー・データ コンポジット端子
S端子

購入はこちら

専用ケーブルも購入が必要です
PSP-3000用ケーブル購入はこちら
PSP go用ケーブル購入はこちら


2位GC550 最高画質で録画!便利な機能も多い

◯最高画質で映像を録画できる
◯ゲーム映像をテレビに映して録画できる
◯ラグ(遅延)がほとんどなく、快適にプレイできる

最高画質の映像が撮れるうえに、実況に便利な機能が多くついているキャプチャーボードです。

テレビにゲーム画面を映して撮影できる機能があり(通常、実況動画はパソコンの画面を見てプレイします)、普段ゲームをするときと同じ感覚で実況できます。

また、遅延(ラグ)をほとんど感じずにプレイできるのも特徴です。一般的に、キャプチャーボードでパソコンとゲームを接続すると、操作した反応が少し遅れる「ラグ」が発生します。

しかし、このキャプチャーボードは「ほとんどラグを感じずにゲームをプレイできた」という声が多くあります。

接続できる端子が多く、様々なゲームに対応している点も嬉しいです。ハイレベルな実況動画を作りたい方におすすめです。

対応ゲーム機:PSP-3000、PSP-2000、PSP go、PS4、PS3、PS2、Xbox、Xbox360、Xbox One、Wii U、Wii、ミニファミコン、iPhone

価格 メーカー 入力端子
約 22,000円 AVERMEDIA HDMI端子
コンポーネント端子

購入はこちら

専用ケーブルも購入が必要です
PSP-3000用ケーブル購入はこちら
PSP go用ケーブル購入はこちら


3位CV710 高画質の動画が撮れる!価格が安め

◯高性能キャプチャーボードの中では価格が比較的安い
◯とても高画質の動画が撮れる
◯接続できる端子が多く、様々なゲームに対応

ハイレベルな画質で映像を撮れるキャプチャーボードです。

それ以外に特に目立った機能はありませんが、高機能キャプチャーボードの中では、比較的価格が安いです。

「あまりお金は出せないけれど、キレイな映像を撮りたい」という方におすすめです。

接続できる端子が多いので、様々なゲームに対応しています。経済的に嬉しい商品です。

対応ゲーム機:PSP-3000、PSP-2000、PSP go、PS4、PS3、PS2、Xbox、Xbox360、Xbox One、Wii U、Wii、ミニファミコン、iPhone

価格 メーカー 入力端子
約 20,000円 AVERMEDIA HDMI端子
コンポーネント端子

購入はこちら

専用ケーブルも購入が必要です
PSP-3000用ケーブル購入はこちら
PSP go用ケーブル購入はこちら


当サイトの記載内容につきましては、可能な限り調べた情報をもとに掲載していますが、すべての情報の正確性を保障するものではございません。

販売会社の商品の仕様変更などの理由により、当サイトの記載内容と実際販売されている商品の仕様が異なってくる場合があります。

キャプチャーボード購入の際は、ぜひ、当サイトの情報をご利用いただきたいのですが、必ず公式サイトや購入ページの内容を確認していただき、ご自分の責任にて行われますようお願いいたします。

恐れ入りますが、それらを使用した事で生じた、いかなる損害についても、当方では保障いたしかねます。

購入に際してトラブルがないように、こちらの記事も参考にしてください。
キャプチャーボードの選び方!買う前に必ず確認しないといけない5項目

SNSでもご購読できます。

コメントを残す