パソコンにiPhoneを接続する

iPhoneの実況動画は、iPhoneをパソコンに接続して、パソコンに映ったゲーム画面を録画して作ります。

パソコンにiPhoneを接続するためには「キャプチャーボード」という機器と、キャプチャーボードとiPhoneを接続する専用ケーブルが必要です。







キャプチャーボードを使った接続方法

画像引用元:https://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/397.html

まず、「Appleの専用アダプタ」と「HDMIケーブル」という2本のケーブルを使い、iPhoneとキャプチャーボードを接続します。そして、キャプチャーボードをパソコンに接続します。……たったこれだけです。

接続すると、パソコンにスマホ画面を映し出す準備ができます。あとは、パソコンに映った映像を録画するだけです。

パソコンとゲーム機の接続ができたら、次は【録画ソフトを準備する】に進みます。

おすすめのキャプチャーボード

当サイトでは人気の高いキャプチャーボードをランキングにして紹介しています。こちらを参考に購入してください。

iPhoneのキャプチャーボードは「GC550」が一番おすすめ

iPhone用のキャプチャーボードには、「GC550」が特におすすめです。もし購入に迷ったらこれを買ってみてください。

GC550はハイレベルな画質で遅延が起きにくい

gc550

ハイレベルな画質で映像を表示できるキャプチャーボードです。鮮明な映像を撮りたい方におすすめです。

また、遅延(ラグ)がほとんどないのも特徴です。キャプチャーボードを使ってパソコンとゲームを接続すると、大抵、操作した反応が少し遅れる「ラグ」が発生することがあります。

しかし、このキャプチャーボードは「ほとんど遅延がない」という声もあり、スムーズにゲームをプレイできます。

入力端子:HDMI端子、コンポーネント端子

GC550の購入はこちら

接続するためのケーブルも購入が必要です
◯HDMIケーブルの購入はこちら

◯Appleの専用アダプタ(Phone 5以降、iPad(第4世代以降)、iPad mini、iPod touch(第5世代以降)向け)の購入はこちら

◯Appleの専用アダプタ(iPhone 4S、iPad(第2/第3世代)向け)の購入はこちら

接続はできましたか?次は【録画ソフトを準備する】です。