パソコンにゲーム機を接続する

テレビゲームの実況動画は、ゲーム機をパソコンに接続して、パソコンに映ったゲーム画面を録画して作ります。パソコンにゲーム機を接続するためには「キャプチャーボード」という機器が必要です。







キャプチャーボードを使った接続方法

キャプチャーボードでパソコンとゲーム機を接続

まず、ゲーム機のケーブルをキャプチャーボードに接続します。そして、キャプチャーボードをパソコンに接続します。……たったこれだけです。

接続方法は、キャプチャーボードによって少し違うので、詳しくは付属の説明書をご覧ください。

パソコンとゲーム機の接続ができたら、次は【録画ソフトを準備する】に進みます。

おすすめのキャプチャーボード

当サイトでは人気の高いキャプチャーボードをランキングにして紹介しています。こちらを参考に購入してください。

テレビゲームのキャプチャーボードは「GV-USB2」と「GC550」が特におすすめです

テレビゲーム用のキャプチャーボードには「GV-USB2」と「GC550」が特におすすめです。もし購入に迷ったらこれを買ってみてください。

GV-USB2は安くて初心者向け

GV-USB2

初心者でも安心して使用できる定番の商品です。価格も手頃で、キャプチャーボードの中ではおそらく最安でしょう。接続が非常に簡単で、幅広いゲーム機に対応しています。

画質や音質も、実況動画を作るうえでは十分です。どれを買おうか迷ったら、これを買ってみてください。※PS4、Xbox Oneには対応していません

対応機種:PS3、PS2、PS、Xbox、Xbox 360、Wii U、Wii、ゲームキューブ、ニンテンドー64、スーパーファミコン、ドリームキャスト、セガサターン
入力端子:コンポジット端子、S端子

購入はこちら

GC550はハイレベルな画質で遅延が起きにくい

gc550

ハイレベルな画質で映像を表示できるキャプチャーボードです。鮮明な映像を撮りたい方におすすめです。

また、遅延(ラグ)がほとんどないのも特徴です。キャプチャーボードを使ってパソコンとゲームを接続すると、大抵、操作した反応が少し遅れる「ラグ」が発生することがあります。

しかし、このキャプチャーボードは「ほとんど遅延がない」という声もあり、スムーズにゲームをプレイできます。

対応機種:Switch、PS4、PS3、PS2、Xbox、Xbox360、Xbox One、Wii U、Wii、ミニファミコン
入力端子:HDMI端子、コンポーネント端子

GC550の購入はこちら

接続はできましたか?次は【録画ソフトを準備する】です。