ゆっくり実況の作り方

ここは、ゆっくりの声を入れたゲームの実況動画「ゆっくり実況」の作り方を紹介しているサイトです。「ゆっくり実況動画をはじめて作る人」「とにかく簡単・早くゆっくり実況動画を作りたいと思っている人」に向けて作りました。このホームページでは、むずかしい話はすべて取りのぞいて、大切なところだけをしぼって説明しています。

はじめて実況動画を作る人が迷わないよう、すべて画像つきで説明しています。スムーズに進めば制作時間はたったの 15分!ニコニコ動画、YouTubeへのアップロード方法も説明しています。

作りたい実況動画のゲーム機種を選んでください

ゆっくり動画の作り方は、ゲーム機の種類によって違います。下の表から、自分のやりたいゲーム機の作り方を選んでください。

テレビゲームの実況動画の作り方を説明 PS4、PS3、PS2、PS、Xbox 360、Xbox One、Wii U、Wii、ゲームキューブ、ニンテンドー64、スーパーファミコン、セガサターンに対応しています。
PC、オンライン、ブラウザゲームの実況動画の作り方を説明 PCゲーム、オンラインゲーム、ブラウザゲームに対応しています。
PSP用ゲームの実況動画の作り方を説明 PSP-2000、PSP-3000、PSPgoに対応しています。
※現在ページ作成中です。申し訳ありません。
DS用ゲームの実況動画の作り方を説明 DS、DSi、3DS、3DS LLに対応しています。
※現在ページ作成中です。申し訳ありません。
スマホアプリの実況動画の作り方を説明 iPhone 4S以降、iPad 2(iPad mini含む)以降、iPod touch(第5世代)に対応しています。
※現在ページ作成中です。申し訳ありません。

ゆっくり実況を作るのに必要なもの

ゆっくり実況は、まず声を入れていないゲームのプレイ動画を作成し、後から専用のソフトを使って声を付け足して作ります。ゆっくり実況を作るには、以下の機器やソフトが必要です。

1.キャプチャーボード(3,500円~20,000円ほど)
パソコンとゲーム機を接続する機器です。※PCゲームを実況するときには不要

2.プレイ動画を録画するソフト(無料)
パソコンに映った映像を録画するソフトです。ゲーム機によって使うソフトが違います。

3.ゆっくりMovieMaker(無料)
ゆっくりの声を動画に付けたすソフトです。字幕やイラストも付けられます。

4.つんでれんこ
動画をエンコードするときに使うソフトです。エンコードとは、簡単に言うと、動画のサイズを小さくするソフトです。

このページの先頭へ