ゆっくり実況の作り方

ゆっくりの声を入れたゲームの実況動画「ゆっくり実況」の作り方を紹介します。ゆっくり実況を作る前に、ゲームをプレイしている動画を用意して下さい。

ゲームのプレイ動画の作り方は、「録画ソフトを用意する」のページと、「TVゲームを撮影する」または「PCゲームを撮影する」のページを見れば分かります。先に準備しておいてください。

プレイ中のゲームを録画するソフトを用意します。「アマレココ」または「アマレコTV」という無料のソフトを使います。
テレビゲームの実況動画の作り方を説明します。テレビとパソコンをつなぐ、キャプチャーボードの紹介もしています。
パソコン上でプレイできる「PCゲーム実況動画」の撮り方を説明します。とても簡単で、15分もあれば作れます。

SofTalkを準備する

ゆっくりの声は「SofTalk」というソフトで作られています。SofTalkをダウンロードするので、下のURLをクリックしてください。
『http://www35.atwiki.jp/softalk/pages/22.html』


1.「最新バージョンの下のURL」をクリックしてください。


2.「ファイルを保存する」にチェックを入れて「OK」をクリックしてください。


3.「amv300h.zip」というファイルがダウンロードできました。このファイルをダブルクリックして解凍してください。


4.フォルダの中の「SofTalk.exe」をダブルクリックします。


5.あらわれたウィンドウに、ゆっくりに言わせたい言葉を書き込んで、真ん中下の録音ボタンをクリックします。


6.ファイル名に好きな名前をつけて保存をクリックします。


これで、書き込んだ言葉を読み上げたファイルができあがります。「書き込み⇒録音」を何度も繰り返して、ゆっくりのセリフをたくさん作ります。

プレイ動画にゆっくり声をあわせる

windowsムービーメーカーというソフトを使います。windowsXP,Vista,7に最初からついているソフトです。

ゲームのプレイ動画を開き、セリフを入れたいところに、先程作ったゆっくり声のファイルを入れていきます。

・・・作成中です。ちょっと待っててね。自分で作れそうなら頑張ってみてね。


このページの先頭へ